構文チェックサイト

以下のページでHTML構文チェックができます。

http://html5.validator.nu/

以下の方法でチェックできます。

・[ Adress ] URLを入力してチェック

・[ File Upload ] ファイルをアップロードしてチェック

・[ Text Field ] htmlを直接打ち込んでチェック

エラーがない場合は「The document is valid HTML5 + ARIA + SVG 1.1 + MathML 2.0 (subject to the utter previewness of this service).」などと表示されます。

エラーがでた場合英語で分かりづらいかもしれませんが、何行目のここらへんがおかしいですよと教えてくれます。

カテゴリー: 参考サイト | コメントをどうぞ

HTML5の基本構文

HTML5は完全ではありませんが、下位互換があるため今まで作成したコンテンツを全部つくり直す必要はありません。ある程度はそのまま表示できます。

以下はHTML5での基本構文の説明です。

【サンプルコード】

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<title>Sample Title</title>
</head>
<body>
Sample Code
</body>
</html>

上記サンプルコードのページはコチラ

その他いくつか踏まえておおまかな変更点について説明します。

□DOCTYPE宣言

<!doctype html>
HTML5ではDTDがないためシンプルになりました。

□type属性の省略

いくつかのタグ要素のtype属性が省略できるようになりました。

□終了タグの省略

いくつかのタグの終了タグが省略できるようになりました。
例えばtableで利用する「td」タグなどです。

□引用符の省略

リンク先のURLは「”」などで囲んでいましたが、特定条件下以外では省略できるようになりました。
ただ、これは以前から囲まなくても問題なかったような気もしますが、まあそういうふうになりました。

□要素の追加、変更、廃止

追加と変更についてはおいおい書いていきますので「廃止」について少し。
個人的によく使ってたタグとしては「center」、「dir」、「font」、「frame」、「u」などです。
他にスタイルに関する属性はCSSで代用するためほとんど廃止になります。

カテゴリー: 概要 | コメントをどうぞ

文字コード

ホームページ作成ソフトなどを利用されている方はあまり気にされたことがないかもしれませんが、HTML5では文字コード「UTF-8」を推奨しています。

他ですと「SJIS」や「EUC」などがあり、それらが使えないわけではありませんが、環境により文字化けを起こしたりします。

OS標準のメモ帳でも保存する際に「文字コード」を指定できる欄がありますので、特に必要がない限りは「UTF-8」を選択してください。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

スタイル要素、CSSについて

ここで少しCSS(Cascading Style Sheets)についてふれておきます。

HTML5では外観や文字の装飾などは切り離され、CSSで指定することとなります。

現在でも少し見た目のこっているサイトは、だいたいCSSでスタイルを定義しています。

CSSも「CSS3」となり、「HTML5+CSS3」が今後の主流になると思われます。

カテゴリー: 概要 | コメントをどうぞ

HTML5とは

そもそも「5」とついてますが、これはバージョンナンバーだと思ってください。
現在利用されているHTMLの仕様は1999年に最終勧告された「HTML4.01」です。
今から10年以上前の仕様ですので、当然色々なメディアが発達してきた現在、表現が追いつきません。

そういった仕様を決めているのがW3C(正式名称:World Wide Web Consortium)なのですが、もちろん何もしていなかったわけではありません。

現在にいたるまでに複雑な経緯があるのですが、ものすごくざっくり言うと、W3C独自の仕様が普及せず、いくつかの企業で作成した仕様が世の中に受け入れられたた結果、W3Cがそれを受け入れ正式に仕様策定することとなりました。

実際になにがどう変わるのかは別の記事に書きます。

カテゴリー: 概要 | コメントをどうぞ