HTML5の基本構文

HTML5は完全ではありませんが、下位互換があるため今まで作成したコンテンツを全部つくり直す必要はありません。ある程度はそのまま表示できます。

以下はHTML5での基本構文の説明です。

【サンプルコード】

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<title>Sample Title</title>
</head>
<body>
Sample Code
</body>
</html>

上記サンプルコードのページはコチラ

その他いくつか踏まえておおまかな変更点について説明します。

□DOCTYPE宣言

<!doctype html>
HTML5ではDTDがないためシンプルになりました。

□type属性の省略

いくつかのタグ要素のtype属性が省略できるようになりました。

□終了タグの省略

いくつかのタグの終了タグが省略できるようになりました。
例えばtableで利用する「td」タグなどです。

□引用符の省略

リンク先のURLは「”」などで囲んでいましたが、特定条件下以外では省略できるようになりました。
ただ、これは以前から囲まなくても問題なかったような気もしますが、まあそういうふうになりました。

□要素の追加、変更、廃止

追加と変更についてはおいおい書いていきますので「廃止」について少し。
個人的によく使ってたタグとしては「center」、「dir」、「font」、「frame」、「u」などです。
他にスタイルに関する属性はCSSで代用するためほとんど廃止になります。

カテゴリー: 概要   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • カテゴリー